虫歯|初台駅から徒歩1分の歯医者さん「はまだ歯科医院」 幡ヶ谷からも多数来院

初診専用ダイヤル

050-7586-2309

再診・お問い合わせはこちら

03-6300-6166

虫歯

どのような虫歯でも、
可能な限り
「痛くなく」「削らず」「神経を残す」
方法を考え治療を行います

「痛み」は誰にとっても嫌なものですよね。
最近では歯科医療も進歩し、可能な限り痛くない治療が可能になっています。
「痛くない治療」とは、治療前の麻酔時も可能な限り痛くなく、かつ麻酔が効いた後の治療も可能な限り痛くないという事です。

虫歯の原因

虫歯の原因は大きくわけますと原因となる菌と主に食事からの糖質があげられます。
当院ではこの「音」に対しても配慮をしています。
虫歯は虫歯菌が歯を直接破壊するわけではなく虫歯菌が食事からの糖分をエサに酸を放出し歯を溶かすことではじまります。酸が歯を溶かすことは黒酢ダイエットが流行した時期に酢の酸の影響で歯が溶けることが話題となりました。
お口の中に菌が全くいない方もいませんし、食事をとらない方もいませんので人間にとって虫歯はある意味宿命の病気といえるでしょう。

虫歯の進行段階と治療法

以下に虫歯の進行段階と治療方法を簡単に分類していますが。 本当に治療が必要か?またどのような治療が必要かを決定するには治療前の診査、診断が非常に重要になります。
歯科医師は歯を削る技術の研鑽を日々行っていますが診査・診断が見落とされがちな傾向にあります。 虫歯がどこまで進行しているかはあくまでも治療の一つの目安に過ぎません。 虫歯が大きくても治療前の症状が軽い場合には歯の神経を温存できる場合も少なくありません。
歯の神経を温存できると歯を削る量を減らすことができ結果的に治療後の トラブルが少なくなります。

C1

状態:最表層のエナメル質に限局した虫歯です。

症状:特に痛みを感じません。

治療法:削る治療を行わなくても進行を抑制することが可能な範囲です。具体的には虫歯の箇所に正しく歯ブラシを当てる方法やフロスなどの補助的な清掃用具を用いることで確実に虫歯の箇所のプラークを落とすことが大切です。 世界的には高濃度のフッ素を塗布することで抑制する試みもあり成果が出ています。

C2

状態:象牙質に達している虫歯です。

症状:熱いものや冷たいもの、甘いものを食べたりすると痛みを感じます。

治療法:象牙質と歯の神経である歯髄は接しているため、刺激が加わることで痛みや過度にしみるなどの不快症状を引き起こす可能性があります。C2の場合は普段のセルフケアがお上手であれば経過観察の場合もありますが治療を選択される場合も多くなってきます。

C3

状態:象牙質の深くまで進行した虫歯です。

症状:熱いものや冷たいもの、甘いものを食べたりすると激痛を感じ、何もしていなくても激痛を感じることがあります。

治療法:治療は必須となります。治療前の診査、診断が重要ですが根管治療を行い症状の改善を図る必要もあります。

C4

状態:虫歯が進行しかろうじて歯の根の部分のみが残っている状態です。

症状:痛みを感じなくなります。

治療法:歯を温存して治療できる場合も治療後の予後が心配であったり、残念ですが抜歯以外に治療方法がない場合もあります。

可能な限り痛くない虫歯治療を行います

STEP1.表面麻酔

表面麻酔液を事前に歯肉にしみこませることで注射時の痛みを無くします。

STEP2.麻酔液を人肌まで温めます

麻酔液と体内との「温度差」も痛みの原因となります。
そこで麻酔液を体温と同じくらいまで温め、体内との温度差をなくすことで、麻酔液が入ってきた時の痛みを軽減します。

STEP3.「極細の針」を使用

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは少なくなります。
当院では極細の針を利用することで痛みを軽減させております。

STEP4.電動麻酔でゆっくり注入

麻酔液を急激に注入すると組織が膨張し痛みの原因となります。
人間の手では注入スピー ドを正確にコントロールすることは難しいため「電動麻酔注射」による機械制御で注入スピードをコントロールします。

STEP5.各種テクニックの駆使

可能な限り痛みを感じさせないためのテクニックを駆使します。
例えば、息を吐く瞬間に合わせて針を入れたり、注意を他の部分に行っている状態を作り出し針を入れたりします。 また、お口の中には痛みに敏感な部分と鈍感な部分がありますので、鈍感な部分にまず麻 酔を打ち、徐々に麻酔の範囲を広げていく方法も行っています。

治療時の音を可能な限りコントロール

患者様が虫歯治療を嫌がる理由として「歯を削る時の音」があります。
当院ではこの「音」に対しても配慮をしています。
具体的には「5倍速コントラ」という機器を使うのですが、通常の歯を削る機器は空有圧で回転しますが「5倍速コントラ」はモーターで回転するため歯を削る際の独特の音がしません。また、回転数が制御しやすく「ブレ」も少いため、より理想とする形態に歯を削ることができます。「歯を削る時の振動」が少ないことも患者様には好評をいただいております。

可能な限り「削らない」「神経を残す」虫歯治療

人間の歯は一度削ってしまえば元に戻ることは二度とありません。そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなりますし、歯の神経を除去してしまうと一層寿命が短くなります。
当院では、生涯ご自身の歯で健康に生活して頂くために「可能な限り削らない」「可能な限り神経を除去しない」ことをモットーとしており、そのための設備を整え、治療技術を学んでまいりました。
本章では、どのようにして、可能な限り「歯を削らない」「神経を除去しない」治療を実施しているのかをご紹介します。

虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

虫歯をどこまで削るかは様々な観点から総合的に判断していきますが現在の考え方ですと削りすぎるよりは仮に虫歯が多少残る可能性もあろうとなるべく削らない方向にあります。
判断材料にはレントゲン写真、後述しますが削っている時の感触(虫歯になると歯は軟らかくなります)などを参考にしますが「う蝕検知液」も非常に有効です。
う蝕検知液は、虫歯の部分が赤くハッキリと染まりますので虫歯を見落とす可能性が極めて低くなりますし、 逆に削りすぎる心配もなくなります。

虫歯感染部位だけをしっかり除去する「スプーンエキスカベータ」

当院では、歯を削る量を少なくする方策として、「機械」ではなく、「手の感触」で虫歯の状態を確認する工程を踏んでいます。
具体的には「スプーンエキスカベータ―」と呼ば れる器具を使用します。 虫歯になってしまった歯質は「軟化象牙質」といい、歯そのものが軟らかくなっています。治療時間が長すぎても患者様には不快ですのである程度の所まではドリルで一気に虫歯を除去できますが、歯の神経部分に近い場合などは慎重に手の力で除去していきます。
「歯の神経を守る」「健康な歯を可能な限り残す」という意味で非常に有効な手段であると考えています。

問題の再発を防ぐための取り組み

当院の目指す歯科治療は「10年後も20年後も健康でいられる口腔内作り」です。
方法は様々ありますが、特に当院が重要視していることは、「過去・現在」どのような治療をしてきたのか、そしてどのような生活習慣が原因で治療することになってしまったのかをしっかり探り分析することです。
そして、「過去・現在」の状況を理解し、「未来」の理想の状態から逆算して現在の治療を行うことが大切になります。
私たちが取り組んでいる予防歯科プログラム「MTM」メディカルトリートメントモデルは患者様の未来の口腔内を予測し対応することも取り組みの一つとなります。そして、「過去・現在」の状況を理解し、「未来」の理想の状態から逆算して必要と判断した場合には治療を行っていきます。
過去と現在の状況から、今後どのようなトラブルがお口の中で起こるかをリスクマネージメントし患者様にご説明することは結果的に患者様からに信頼につながると考えています。

根管治療について

私たちのクリニックでは根管治療専門医による精密根管治療をご提供しております。
あまり知られていませんが何度も根管治療を繰り返すとその度は歯は削られています。精密根管治療のご相談に来院される患者様の中には何件も治療を受けられたことで歯が極めて薄くなった状態の方も少なくありません。
根管治療が成功しても一度削られた歯質は戻ってきませんし歯は薄くなると折れてしまう危険性が高くなります。難治性になる前に質の高い精密根管治療を受けていただくことは結果的に歯が必要以上に削られるリスクをなくすことができます。

ラバーダム防湿

当院では治療部位に細菌が入らないようにするため「ラバーダム防湿」を利用して治療を することもあります。
ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせて口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具で、虫歯治療や特に根管治療においては必要 不可欠です。ラバーダムを使用することで、様々な口腔内細菌が侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能になります。
逆を言えば、ラバーダム防湿を行わないで行う治療は細菌感染の可能性が高まり、再治療の原因となります。

マイクロスコープによる精密治療

マイクロスコープによる精密治療については、根管治療をご確認ください。

ページの先頭へ