虫歯|初台駅から徒歩1分の歯医者さん「はまだ歯科医院」 幡ヶ谷からも多数来院

患者様ご予約専用ダイヤル

03-6300-6166

虫歯

どのような虫歯でも、
可能な限り
「痛くなく」「削らず」「神経を残す」
方法を考え治療を行います

「痛み」は誰にとっても嫌なものですよね。
最近では歯科医療も進歩し、可能な限り痛くない治療が可能になっています。
「痛くない治療」とは、治療前の麻酔時も可能な限り痛くなく、かつ麻酔が効いた後の治療も可能な限り痛くないという事です。
当院の「可能な限り痛くない歯科治療」をご紹介いたします。

可能な限り痛くない歯科治療の流れ

STEP1.表面麻酔

表面麻酔液を事前に歯肉にしみこませることで注射時の痛みを無くします。

STEP2.麻酔液を人肌まで温めます

麻酔液と体内との「温度差」も痛みの原因となります。
そこで麻酔液を体温と同じくらいまで温め、体内との温度差をなくすことで、麻酔液が入ってきた時の痛みを軽減します。

STEP3.「極細の針」を使用

蚊に刺されても痛くないように、針が小さければ小さいほど痛みは少なくなります。
当院では極細の針を利用することで痛みを軽減させております。

STEP4.電動麻酔でゆっくり注入

麻酔液を急激に注入すると組織が膨張し痛みの原因となります。人間の手では注入スピードを正確にコントロールすることは難しいため「電動麻酔注射」による機械制御で注入スピードをコントロールします。

STEP5.各種テクニックの駆使

可能な限り痛みを感じさせないためのテクニックを駆使します。例えば、息を吐く瞬間に合わせて針を入れたり、注意を他の部分に行っている状態を作り出し針を入れたりします。また、お口の中には痛みに敏感な部分と鈍感な部分がありますので、鈍感な部分にまず麻酔を打ち、徐々に麻酔の範囲を広げていく方法も行っています。

治療時の音を可能な限りコントロール

患者様が虫歯治療を嫌がる理由として「歯を削る時の音」があります。
当院ではこの「音」に対しても配慮をしています。
具体的には「5倍速コントラ」とう機器を使うのですが、通常の歯を削る機器よりも「5倍」の速さで回転しますので、その分、機器の音が格段に小さくなります。
その他、「早い回転で削る」ということは「ブレ」が少なくなるため、歯を削る量も最小限に抑えられます。
そして、「歯を削る時の振動」も通常よりも軽減されますので、患者様には好評をいただいております。

可能な限り「削らない」「神経を残す」虫歯治療

人間の歯は一度削ってしまえば元に戻ることは二度とありません。そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなりますし、歯の神経を除去してしまうと一層寿命が短くなります。
当院では、生涯ご自身の歯で健康に生活して頂くために「可能な限り削らない」「可能な限り神経を除去しない」ことをモットーとしており、そのための設備を整え、治療技術を学んでまいりました。
本章では、どのようにして、可能な限り「歯を削らない」「神経を除去しない」治療を実施しているのかをご紹介します。

虫歯感染部位を教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。
虫歯治療を行う上で一番大切なのは、虫歯に感染した部分を綺麗に除去することですが、通常は虫歯の硬さを頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。しかし、この方法では、感染部位を確実に、そして正確に除去することはできません。
しかし、このう蝕検知液を使うと、感染した部分が赤く染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかがわかり、歯を削る量を最小限に抑えることができます。

虫歯感染部位だけをしっかり除去する「スプーンエキスカベータ」

更に当院では、歯を削る量を少なくする方策として、「機械」ではなく、「手の感触」で虫歯の状態を確認する工程を踏んでいます。具体的には「スプーンエキスカベータ―」と呼ばれる道具を利用します。
虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっています。もちろんこの部分は機器(ドリル)で通常は除去できますが、手の力で除去することもできます。しかし、ドリルを利用した方が一気に削ることができ、時間短縮になりますので多くの医院さんではドリルで除去を済ませてしまいます。

しかし当院ではドリルだけで済ませることはしません。
なぜならば、ドリルを利用すると健康な歯までも削ってしまう事があるためです。
そのため、ケースによってはドリルを利用しますが、最後はスプーンエキスカを利用し、手の感触で虫歯に感染した部分をしっかり見極め感染部分の除去を行います。
通常よりも少し時間はかかってしまいますが、「健康な歯を可能な限り残す」という当院のこだわりとお考えください。

問題の再発を防ぐための取り組み

当院の目指す歯科治療は「10年後も20年後も健康でいられる口腔内作り」です。
方法は様々ありますが、特に当院が重要視していることは、「過去・現在」どのような治療をしてきたのか、そしてどのような生活習慣が原因で治療することになってしまったのかをしっかり探り分析することです。
そして、「過去・現在」の状況を理解し、「未来」の理想の状態から逆算して現在の治療を行うことが大切になります。
私たちは「歯のプロ」です。過去と現在の状況が分かれば、今後、お口の状態がどのようになっていくかを見通すことができます。例えば、「このままいけば、次はこの歯がダメになってしまう」「この歯はあと○年で問題が出てくるだろう」などです。

可能な限り「削らない」「神経を残す」虫歯治療

人間の歯は一度削ってしまえば元に戻ることは二度とありません。そして、歯は治療すればするほど寿命が短くなりますし、歯の神経を除去してしまうと削った分だけ歯がもろくなります。
当院では、生涯ご自身の歯で健康に生活して頂くために「可能な限り削らない」「可能な限り神経を除去しない」ことをモットーとしており、そのための設備を整え、治療技術を学んでまいりました。
本章では、どのようにして、可能な限り「歯を削らない」「神経を除去しない」治療を実施しているのかをご紹介します。

お口の中は非常に繊細なバランスの上で成り立っていますので、ある部分が悪くなってしまった原因はその歯だけにあるのではなく、その他の歯が原因だったり、咬み合わせの不調和で悪くなってしまう事もあります。
そのため、当院では問題のある歯だけを診ることはしません。お口全体を包括的に診断し全体的にバランスのとれた治療を行います。
「木を見て森を見ない」治療ではなく、「木も見て森も見る」治療です。
このようなスタイルの診療を当院では行っているため、時には患者様が求めている治療以上のことをご提案することもあります。これは「10年後も20年後も健康でいられる口腔内を作る」ためにはいずれ必要となる治療であるとご理解ください。

ラバーダム防湿

当院では治療部位に細菌が入らないようにするため「ラバーダム防湿」を利用して治療をすることもあります。
ラバーダム防湿とは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせて口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防止する道具で、虫歯治療や特に根管治療においては必要不可欠です。
ラバーダムを使用することで、様々な口腔内細菌が侵入するのを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能になります。逆を言えば、ラバーダム防湿を行わないで行う治療は細菌感染の可能性が高まり、再治療の原因ともなります。

虫歯治療後のつめ物・かぶせ物の種類

つめ物・かぶせ物には様々な種類があります。
それぞれ素材の特徴がありますので、詳しくは料金表、もしくは審美歯科治療をご確認ください。

虫歯の治療に用いる材料は何が最良なのか?

私たちはまだ歯科医院ではその一つの答えとしてゴールドを用いた虫歯治療を患者様にお薦めしております。

ゴールドを用いた虫歯治療

ゴールド修復を行ってから60年が経過した症例です。
虫歯の再発もなく良好に経過しています。
また、笑ったときに金属色が見えにくいよう工夫をしてつめておりますのでほとんど見えることはありません。

なぜ虫歯治療にゴールドを用いるか?

それは他の材料に比べ圧倒的に虫歯の再発が少ないことがわかっているからです。ゴールドは他の金属やセラミックにない天然歯と非常に似た性質を有しているため歯の治療に最も適した材料であることが知られています。
私たちはゴールドの素晴らしい特性を120%発揮できるよう、ゴールドを用いた虫歯治療を専門に扱う世界的なスタディークラブに所属しております。
http://arvtsc-jp.net/

ゴールド治療を追求したスタディークラブ

タッカースタディクラブは、ゴールド治療を確立したリチャード V.タッカー先生の治療法を学びたいドクターたちにより1976年にスタートした勉強会です。恐らく世界で唯一の臨床実習を行っている勉強会であり、最高品質の歯の保存治療を追及する国際的な歯科医師の集まりでもあります。現在、アメリカ・カナダ・イタリア・ドイツ・日本の5ヶ国に組織があり、約400人のメンバーが世界最良の保存治療を研究しています。メンバーには大学教授・講師、歯科学会の会長経験者、次期会長候補者なども多く在籍し、アメリカ・カナダの虫歯治療において最も権威ある学会のひとつです。

リチャード V.タッカー先生が治療されたゴールド修復は、その高い成功率が論文として発表されており、
治療後40年経過しても94.1%の歯が問題なく使えていると報告されました。

(※文献:J Esthet Restor Dent. 2004;16(3):194-204.Retrospective clinical evaluation of 1,314 cast gold restorations in service from 1 to 52 years.Donovan T1, Simonsen RJ, Guertin G, Tucker RV.)

ゴールド治療のメリット・デメリット

ここに米国保存学会(虫歯治療の学会)から発行されているゴールド修復のメリット・デメリットについて記載しております。
タッカースタディーグループ日本支部会長の清水雄一郎先生のご厚意で日本の患者様にも分かりやすく解説しております。たくさんのメリットがあるゴールド修復ですが少なからずデメリットも存在します。十分にご検討いただいたうえで一人でも多くの患者様がゴールド修復にご理解をいただければと思います。

ゴールドを使う欠点

1.ゴールドは歯の色をしていない

ゴールドは白い色ではありませんが、金色は歯ぐきの色に近く、また奥歯では見えにくいので目立ちません。しかし、笑ったときに良く見える前歯にはお薦めできません。話したり、笑ったときに、目立たないように考慮して治療をします。

2.他の治療法と比べると治療費が高い

金による修復はコンポジットレジンや保険診療と比べると治療費が多くかかります。
その理由は、型どりと装着の2回の通院が必要なこと。それに加えて、つめ物を作らなくてはならないので費用がかかります。また、材料の発達や、治療法の工夫によって治療時間は短くなり、精度は上がっていますが、ゴールドをぴったりと入るようにするためには、壁を平らにしたり、丸くしたり、他にも細かな治療操作に時間をかけなくてはなりません。
ゴールド自体の大きさはさほど治療費に影響しませんが、技術トレーニングが必要で治療に時間がかかるため治療費が高くなります。しかし、ゴールドの耐用年数を考慮し、再治療がより多く必要な治療法と比較すれば、1本の歯にかかる治療費としては、極端に高いものではありません。まして、歯を失ってからインプラントを入れるよりも遥かに安いものです。

3.高度な技術や些細なことに気づく能力が歯科医師に必要

長持ちするゴールド治療ができるようになるには、歯科大学卒業後もきちんとした勉強・トレーニングを続け(もちろん他の治療法も同様です)ゴールドが持つ特性を最大限に引き出さなくてはいけません。歯科医師に技術を要求する治療法は、勉強・努力が嫌いな歯科医師には行えません。

ゴールドを使う利点

1.ゴールドは、折れたり、割れたりしない

ゴールドは、セラミックスやコンポジットレジンなどの材料のように折れたり割れたりすることがありません。

2.ゴールドは、腐蝕せず隙間ができない

金で治療した歯を使って何年間も食事を噛んだ後でも、金と歯の境界は治療当日の状態を保ち続けます。コンポジットレジン(ハイブリッドセラミックス)による修復は、歯と同じ色ですが、徐々に腐蝕するため、歯の境界が欠けたり着色したりします。

3.ゴールドは、歯と同じ熱膨張率である

熱膨張率が歯に近いということはとても大切です。歯・歯科材料を含む地球上のすべての物質は、冷たいと縮み、熱くなると膨らみます。冷たいアイスクリームから熱いお茶まで、お口の中の温度は様々に変化するので、つめ物と歯が同じ熱膨張率であるのが大切です。

4.ゴールドは、歯の縁を守る

ゴールドは歯に完全にぴったりとはまり込むため、周囲の歯質 (エナメル質)をかむ力から守ります。また、歯の節(エナメル小柱)を包み込むことで、それらが欠けることもありません。

5.ゴールドは、正しい歯の形を回復することができる

反対の歯ときちんと合わなければかむことができませんから、虫歯で失われた歯を修復する場合は、金以外の治療法でも、歯の形に戻すのが基本となります。金による修復では、型どりをしてとても精密な歯の複製模型を作り、お口の外で時間をかけて作るので、その歯にとって一番理想的な形・かみ合わせをつくることができます。

6.ゴールドは、つややかで舌触りの良い仕上げができる

表面が綺麗に研磨されていることには利点があります。つややかな表面はプラーク(虫歯菌)を集めず、舌で触ってザラザラすることは決してありません。お口の外で研磨をするので、唾液に邪魔されたり器具が届かなかったりがなく、お口の中で最初から最後まで研磨する治療法より確実です。

7.ゴールドは、形が変わらない

金のつめものは形が変わりません。現在では他の歯科材料も進歩したので、金だけが持つ利点ではなくなってしまいましたが、25年前に主流であった軟らかいつめものは、お口の中で形が変わってしまうことがありました。

8.ゴールドは、吸水性がない

金は水分を吸い込まないので、唾液や食べものに汚染され、劣化することがありません。コンポジットレジン(ハイブリッドセラミックス)は、吸水性があるので、再治療の際に削ると腐敗臭を発生します。

9.ゴールドは、口の中で酸化されない

金のような貴金属は酸化されないので、変色したり劣化することがありません。コンポジットレジン(ハイブリッドセラミックス)は、治療直後は歯と同じ色できれいですが、治療後長い時間が経つと変色・劣化してきます。されど、コンポジットレジン(ハイブリッドセラミックス)は、ゴールドと比較した欠点は多くとも、前歯の虫歯治療には最適な治療法です。

10.ゴールドは、歯を変色させない

銀のつめ物はイオンが溶け出して歯を黒くしてしまいますが、ゴールドでは起こりません。時として残っている歯が薄いときは、金の色が透けて見えることがあるかも知れませんが、ほぼ目立ちません。

11.ゴールドは、隣の歯との接触点を正確に回復できる

金のつめものは、模型上で時間をかけて作るので、隣の歯との接触点を正確に回復できます。歯間に食べものが入り込むのを防ぎます。また、接触点には”食べものの通路”と呼ばれる、ゆるやかにカーブした形や溝を作ることで、食べものを効率よく噛むことができます。簡単に言えば、失われる前の歯の形を再現できると言うことです。

12.ゴールドは、審美的である

歯と同じ色の材料が発達する以前は、歯の色を変えないことや、銀に比べて見た目が奇麗なことから、金は審美治療の材料として使われていました。しかしながら、時代は変わり、現在のゴールド修復では、金が目立たないように治療するテクニックを駆使します。可能な限り歯を削らず、外から見えないように、少し手前の位置にゴールドと歯の境界を設定します。

13.ゴールドは、接着剤に頼らない

歯と同じ色の治療は、接着剤の発展によって可能となりました。しかし、それを言い換えれば接着剤の寿命がその治療法の寿命となります。一方、金のつめものは、歯にはまり込む形で維持されているため、ほとんど接着剤に頼りません。従って、接着剤の寿命に左右されることがなく、金の寿命が治療法の寿命となります。つまり、とても長持ちします。

14.ゴールドは、歯ぐきを健康に保つ

金によるつめものには、他の材料と比較して、歯ぐきを健康に保つことができる3つの理由があります。金と歯の境目は、繊細な器具で触っても感じられないほどに密着しているので、プラークが溜まらないこと。ゴールドにアレルギーはほとんどありませんので、歯ぐきに触れてもアレルギー性の炎症が起きないこと。金はとても奇麗に研磨できるので、ザラザラせず、歯ぐきを刺激しないことです。

15.ゴールドは、かみ合わせ(反対側)の歯をすり減らさない

セラミック・ジルコニアを使った治療では時間の経過とともに反対側の歯が過剰にすり減ってしまうことが多く見られますが、金を使った場合は起こりません。コンポジットレジン(ハイブリッドセラミック)とは違い、つめ物自体がすり減ってしまうこともありません。

16.ゴールドは、水銀が入っていない

以前に主流だった銀のつめ物には水銀が入っていました。歯科で使う水銀やその他の金属・レジンは危険はないだろうと言われていますが、気になさる方にはゴールドが選択肢となるでしょう。

17.ゴールドは、自分の歯と同じようにすり減る

ゴールドは自分の歯とほとんど同じ固さです。人間の歯は年齢と共に食事などで少しずつすり減っていきますが、ゴールドも同じように少しずつすり減ります。つまり、自分の歯と同じように少しずつ変化してくれると言うことです。これは、他のどんな材料でも得られない、ゴールドだけが持つ特徴です。

18.ゴールドは、毒物を出さない

研究結果によると、コンポジットレジン(ハイブリッドセラミック)修復からは、環境ホルモンのような毒物が出ることがわかっています。健康面には影響はないとされていますが、水銀のように、気にする患者さんは、ゴールドを選ばれると良いでしょう。

19.ゴールドは、最小の厚さで長期間かみ合わせを支えられる

コンポジットレジン(ハイブリッドセラミックス)は、固まるときや熱膨張率によって、歯にわずかなに亀裂を入れることがあります。銀のつめ物(アマルガム)も歯に亀裂を作ります。亀裂が入ると、かんだときや熱の刺激で歯がしみるようになります。このようなことはゴールドでは起こりません。引張強さを含めたゴールドの性質によって、歯をたくさん削ることなく最小の厚さで、かみ合わせを支え、歯を守ることができます。

20.ゴールドは、非常に長持ちする治療法である

金による治療は、一般に生涯修復であると言われます。40年~50年前に治療された金のつめものを良く目にします。生涯使うことができる可能性。ゴールドを選ぶ最も明白な理由です。生涯使える治療がありますか?と訪ねるならば、ゴールドによる治療が答えとなるかも知れません。

参考文献:原文:Why Gold Castings are an Excellent Tooth Restoration, Revised — January 11, 2008
https://www.jopdent.com/journal/editorial/openFile.php?takeFile=Volume_33__Issue_2.txt

ページの先頭へ