予防歯科・歯周病|初台駅から徒歩1分の歯医者さん「はまだ歯科医院」 幡ヶ谷からも多数来院

初診専用ダイヤル

050-7586-2309

再診・お問い合わせはこちら

03-6300-6166

予防歯科・歯周病

虫歯・歯周病にならないお口を
創り出すための考え方と体制

はまだ歯科医院の予防処置の「考え方」そして「体制」

予防処置における当院の考え方、そして具体的に体制をご紹介します。

体制1 科学的根拠に基づいたシステム

当院では歯科先進国のスウェーデンも実施している予防システムを取り入れています。
一言でこのシステムを表現すると、「科学的根拠に基づいたシステム」と言えます。
今や歯科医療も進歩し、「虫歯・歯周病にならないためにはどうすればいいのか」、「虫歯・歯周病になってしまった場合どのような処置をすれば改善するのか」などが科学的に実証されており、その通り行えば、虫歯・歯周病にもなりませんし、また虫歯・歯周病も改善します。

予防プログラム

口腔内検査等により、歯質の状態、歯周病・虫歯へのなりやすさなどのデータを取得し、PMTC(専門の機器を用いたプロによるクリーニング)やTBI(ブラッシング指導)、生活習慣改善を併用した患者様独自のオーダーメイドの予防プログラムを構築していきます。
予防歯科は他の治療よりも「計画的な管理」「患者様のライフスタイルへの精通」「信頼関係」を必要とします。これを達成させる為には、担当する者の技能、人間性、そして患者様情報の一元管理が大切となります。当院では優秀なスタッフを揃え、セキュリティを備えた情報管理を行っております。

口腔内検査
ブラッシング指導
PMTC
フッ素塗布
カウンセリング
生活習慣の見直し

体制2 適切な「ブラッシング指導」

歯ブラシを比較する論文では歯ブラシの種類で清掃効果はほとんど変わらないと結論づけています。つまり磨けるか磨けないかは患者様の歯磨きのテクニックにかかっています。
そのため、当院では虫歯・歯周病を予防するための適切なブラッシング方法を皆様にお伝えしております。例えば「バス法」「スクラッビング法」「縦磨き」、フロスや歯間ブラシなどの補助的清掃用具の使い方などです。

ブラッシングはただ磨けばよいというものではありません。
多くの方は「磨いた」という事実だけで満足してしまい、肝心の「汚れ」はほとんど落せていないものです。
虫歯・歯周病を予防するには「ご自宅のセルフケア」と「歯科医院でのクリーニング」の2つが柱となります。この両輪のどちらか一方が欠けてもNGです。
適切なブラッシング指導、そして補助ツールとしての「歯間ブラシ」や「デンタルフロス」の適切な使い方も積極的にお伝えしておりますので、このノウハウだけでも学びに来てみてください!!

体制3 虫歯・歯周病予防だけでなく、もっと広い意味の予防を提唱

予防とは、「虫歯や歯周病にならないようにすること」です。しかし、当院ではもう一歩先の「予防」を実践しています。
一歩先とは、「一生涯お口の健康を維持し、かつ、患者様の生活の質を向上させること」。

まず、虫歯・歯周病にならないためにはご自宅でのケアと歯科医院でのケアが必須になりますが、よりご自宅でのケアをしやすくするため、部分的に歯並びを改善したり、つめ物・かぶせ物をやり直したりします。これは歯並びや不適切なかぶせ物等が原因で歯ブラシが届かず汚れがたまることで虫歯や歯周病の原因になるためです。
また、「咬み合わせ」も生活の質を向上させるためには重要になります。
噛み合わせが悪いと、しっかり物を咀嚼することが出来ません。そうなると、消化が不十分になるばかりか、内臓に大きな負担をかけ、様々な身体の不調の原因となります。そして、咬み合わせが悪いことで、一部の歯に過度な負担をかけてしまう事になるので、負担がかかっている歯の寿命が短くなることもあります。更に、「噛む」という行為は脳に新鮮な血液を送り込む役割も持っているのですが、しっかり噛むことが出来ないと、脳に新鮮な血液がいきわたらなくなり「認知症」との関連が示唆されています。

あくまで一例をご紹介させて頂きましたが、お口の健康は身体の健康にも直結していることがお分かりになったかと思います。私たちは「お口の健康を維持させる」ことだけではなく、「身体の健康も担っている」という思いで日々診療にあたっています。

予防処置の副次的効果<本来の歯の白さがよみがえります>

歯科医院での予防処置では主に歯石・歯垢を除去するのですが、この処置をすることで「本来の歯の白さが蘇る!!」という患者様に嬉しい副次的効果があります。これは歯石などを除去するとともに、ヤニ汚れ、茶渋などの着色も一緒に除去できるためです。
定期的(2~3カ月に1回)にクリーニングに通う事で、虫歯・歯周病予防にもなりますし、歯の白さを維持できます。
当院では歯を白くする方法として「審美歯科」「ホワイトニング」も行っています。
これらは「本来の歯の白さよりももっと白くする」治療法ですので、歯の白さを追求されている方はそちらをご覧ください。

before
after

はまだ歯科医院の歯周病治療4つの特徴

特徴1 科学的根拠に基づいた治療プログラム

当院では歯科先進国も取り入れている歯周病プログラムを取り入れています。 このプログラムを一言で表現すると、「科学的に効果が実証されたプログラム」と言えます。

今や歯科医療も進歩し、「歯周病にならないためにはどうすればいいのか」、「歯周病になってしまった場合どのような処置をすれば改善するのか」などが科学的に実証されており、その通り行えば、歯周病にもなりませんし、また歯周病も改善します(重度の場合はケースによります)。

この方式は日本でも広まっていますが、その考え方を忠実に実施している医院はほとんどありません。これを行うことは特に難しいことはなく、あくまで「基本を忠実に行う」ことなのですが、全体の一部だけを取り入れているのがほとんどだと思います。

具体的には、各種口腔内検査等により、歯周病の状態、歯質の状態、歯周病へのなりやすさなどのデータを取得し、PMTC(専門の機器を用いたプロによるクリーニング)やTBI(ブラッシング指導)、生活習慣改善を併用した患者様独自のオーダーメイドの歯周病治療プログラムを構築していきます。

特徴2 失われた骨を再生させる歯周組織再生療法

骨再生療法とは、溶けて減ってしまった骨を再生させ、歯が抜け落ちてしまう事を防止する治療です。当院では、「エムドゲイン法」「GTR法」という骨再生治療を行っております。ここではエムドゲイン法をご紹介します。

エムドゲイン法自由診療

エムドゲイン法とは、エムドゲインゲルという薬を患部に塗ることで歯を支える骨の再生を促す治療方法です。
この治療法では、エムドゲインゲルという薬剤を使用するため、身体への安全性について患者様からご質問されますが、身体への悪影響はありませんのでご安心ください。
当院では骨再生療法を積極的に実施しておりますので、他院で「歯を抜かなければなりませんね」と言われた方、重度歯周病の方、どうしても歯を残したいとお考えの方、一度当院にご相談ください。
※この治療法は、「対象症例が限定されること」「保険外治療であること」そして、なによりもまず「基本的な歯周病治療を事前に徹底させる必要があること」をご理解ください。

特徴3 患者様が納得されるまでしっかりご説明

歯周病治療は他の治療と比べ、特に患者様のご協力が必要になる治療になります。
患者様にご協力して頂くためには「口腔内の現状理解」と「歯周病に対する理解」が必要です。そのために当院では様々な「情報提供ツール」を活用し、患者様に納得して頂けるまで説明を行います。例えば、レントゲン画像で骨の状態の報告、術前術後の状態を写真でお見せする等のことです。

院長メッセージ

歯周病は成人の80%がかかっていると言われる国民病であることをご存知でしょうか?
多くの方はこの歯周病が原因で歯を徐々に失っていきます。
また、歯周病はお口の健康を害するだけでなく、糖尿病、血液疾患、肺炎その他様々な全身疾患を悪化させるということが最近の研究でわかってきました。
歯周病は自覚症状がなく、気づいた時には「時すでに遅し」であることが多い病気です。
是非、症状が無い方も、今、歯周病の検査をする事をおススメします。早ければ早い程、治りは早いです。国民の80%がかかっているという現実をしっかり理解して頂く事を切望します。

歯周病治療で「歯が長くなった」ように見えてしまう理由

歯周病治療をすると「歯が長くなってしまう」ということを聞いたことがあると思います。
実際、歯が長くなったように見えるのですが、これは「本来の健康な状態に戻った」と言った方が正確です。
歯周病が進行すると歯茎の骨がドンドン溶かされると共に、炎症を起こして歯肉が腫れあがります。歯茎の骨が溶かされれば当然歯茎もドンドン下に下り歯の根が露出してきて歯が長く見えてしまうのですが、炎症により歯肉が腫れあがりますので、外からは歯が長くなった状態を確認することができません。
しかし、歯周病が改善することで歯肉の炎症が治まり、本来の歯の姿が見えてくる事になります。

before
after

関連ブログ記事

歯周病を重症化する前に防ぐ!予防歯科にはメリットがたくさん
ページの先頭へ