神経を残すために①|初台・幡ヶ谷・笹塚の歯医者・歯科・ステップワイズエキスカベーション・幼若永久歯・生活歯髄療法・VPT|初台駅から徒歩1分の歯医者さん「はまだ歯科医院」 幡ヶ谷からも多数来院

お電話でのご予約

03-6300-6166

歯科治療コラム

神経を残すために①|初台・幡ヶ谷・笹塚の歯医者・歯科・ステップワイズエキスカベーション・幼若永久歯・生活歯髄療法・VPT

当院では開院以来、歯の神経を残す治療「歯髄温存療法」に力をいれてきました。

レントゲン上で虫歯の影がいくら大きくても今まで痛みを発したことがない歯は、神経を残して治療できる可能性があります。

神経を残して治療する最大のメリットは可及的に歯質を削る量を減らし、結果的に歯が折れたり、ヒビが入るなど歯が薄くなることで起きがちな問題を減らしてあげることができます。

 

”最大の根管充填材は生活歯髄”という言葉があります。

 

根尖病変を有する歯に対して正しいコンセプトで行う根管治療は(http://www.ecj.or.jp) 非常に高い成功率を誇る優れた治療方法ですが神経を残すに越したことはありません。

 

さて実際に大きな虫歯(歯に穴があいた状態)をもった患者さんが当院を受診した際、私たちは今の歯の状態を説明した上で患者さんに2通りの治療パターンをご提示し、ご選択いただきます。
レントゲンを見ると虫歯は非常に大きく虫歯を取りきると歯の神経が露出してしまうかもしれません。
1、虫歯を一回で全て取り切り神経が露出した場合には、直接神経部分に神経を保護する薬剤を塗布する方法

2、ステップワイズエキスカベーションという方法で、神経が露出しない範囲まで虫歯をとりきり(この時点では虫歯を取り残しています) 一度、神経を保護する薬を置いた後、蓋をして、3カ月から半年後に再度虫歯を取る方法、取りきれるまで数回続けていきます。

 

何回かに分けて虫歯を取っても結果一緒じゃないの?と思われた患者様も多いと思いますが神経が露出しない方がよいのです。

 

少し長くなりましたので、次回もう少し詳しくご説明したいと思います!!

ページの先頭へ