• 03-6300-6166

  • お問い合わせ

【電話受付】9:30~19:00(月・水・木18:30、土17:00まで)※休診日:日・祝日

症例紹介

治療内容カテゴリ:

地域カテゴリ:

外科的歯内療法(意図的再植、歯根端切除、逆根管充填)

  • 根管治療
  • 虫歯

40代男性の患者様です。

右上奥歯に繰り返し歯肉の腫れを自覚されていました。

右上第2大臼歯は以前に根管治療が行われていますが根の先に影を作っており根尖性歯周炎の所見です。
また、前回の治療で折れてしまった治療器具が根の先から飛び出ているのを観察できます。
飛び出てしまった器具に関しては通常の根管治療で取り出すのは難しく外科的歯内療法が必要となるケースです。

手術直後のレントゲンです。歯根の先を切断し薬を詰め直しています。歯根の長さを短くなっているのがわかります。
この時点で根の先にみられる影は変化がありません。

術後半年の経過観察です。根の先にみられた影が消失し歯を支える骨が再生しています。
不快症状は消失し非常に良好な経過をたどっています。

誠に恐れ入りますが外科的歯内療法に関しまして現在は保険外診療のみで承っております。

治療費 大臼歯外科的歯内療法  170,000円
コア築造          25,000円
ゴールドクラウン   120,000 円

通院回数 手術のみであれば3回(説明、手術当日、抜糸)
手術後もご通院が可能であれば3ヶ月ごとに経過観察を最低1年間行います

ページトップへ戻る